あなたはあった?指輪交換前後の気持ちの変化

結婚指輪の交換で生まれる責任感

幸せな結婚は、誰もが1度は夢見る大切な人生のステップです。そんな結婚において儀式的な役割を持つのが、結婚指輪の交換ではないでしょうか。実際に結婚をされた様々な人の話を聞くと、指輪の交換によって気持ちにも変化が出てくるという声が多いです。夫側は妻や子供を養っていくという責任感が生まれ、妻側は最愛の人を身近な所でサポートしていくという気持ちと共に、結婚したという幸せを改めて実感する人がたくさんいらっしゃるようですね。また近年は、不倫や浮気のニュースが連日のように取り上げられています。このため指輪の交換によって、不倫や浮気はせずに、一生パートナーとして寄り添っていくという責任感を感じるという声も出ています。

結婚指輪で仕事を頑張ろうという気持ちになれる

結婚指輪は、婚姻届けを提出した後もずっとはめ続けている人が多いです。左手の薬指にはめておくことで、周囲の人に結婚していることを認知してもらえます。これは異性からの誘いを抑制する効果がありますし、結果として浮気や不倫の防止につながります。
また結婚指輪をしていると、不思議と仕事を頑張ろうという気持ちが湧き上がってくるという声も多いです。新婚さんの場合は、仕事でミスをした時に結婚指輪をじっと見つめ、しっかり仕事をしようという気持ちが出てきたという人もいらっしゃいます。また共働き世帯の場合でも、指輪があったから仕事を頑張れたという妻側の声も出ているようですね。結婚指輪をはめ続ける事は、人生の困難を乗り越えることにも役立っていると言えるでしょう。