気になる!結婚指輪を薬指にはめる訳

結婚指輪の意味とは?

結婚指輪の由来は古代ローマ時代に始まったしきたりであるという説が有力とされています。当時のローマ教皇が結婚の誓いとして鉄の輪を使い始めたのが始まりです。鉄の輪は約束事を守るという証として使われていました。これが今に伝わり日本の結婚式の指輪交換につながったのです。昔から続いたヨーロッパの伝統ある習慣がいまの日本に定着している文化となっています。そんな結婚指輪ですが、結婚指輪にも表している意味があります。それは夫婦として共に歩んでいくという誓いです。結婚指輪の丸い形は永遠に途切れることなく続く愛情の形を象徴するものであります。お互いに常に身につけていることでパートナーの存在を強く感じることが出来るアイテムとなっています。

なぜ左手の薬指に結婚指輪ははめるの?

結婚指輪といえば左手の薬指にはめるって聞いたことあるけどどの指でもいいのでは?と疑問に思う人も多いですよね。しかしこれにはきちんと意味があります。左手の薬指にはめることになった由来はギリシャ神話にあると言われています。古代ギリシャの時代は人の感情を司るのは脳ではなく心、つまり心臓であると信じられていました。そして左手の薬指は心臓につながる血管が存在すると考えらえていたのです。心に通じる左手の薬指に誓いのリングをはめることでパートナーの気持ちをつかみ、結婚の誓いをより強固なものにするという意味が込められています。これゆえに左手の薬指は愛情の絆を深める、願いを実現するという意味を持つようになりました。結婚指輪を左手の薬指にはめることはふたりの永遠に続く愛情の絆を象徴しているのです。